2018/07/19

平成30年7月18日 DHK協同組合ゼミ ヒロ・マツダ先生をお迎えし講演して頂きました。


平成30年7月18日(水)、DHK協同組合(能登谷組合長)では、7月の協同組合ゼミとして、現在THE BARBERを展開しているヒロ・マツダ先生と、スタッフの平元氏、青田氏をお迎えし、「THE BARBERのブランド力。お客様目線に立ったお店づくり。スタッフの育成法。ニューヨークへの出店等」と題して講演を行って頂いた。


冒頭能登谷組合長より「ヒロ・マツダ先生は、私が全国チャンピオンになった時にコ-チとして教えて頂いた。今回の企画は長い間交渉してやっと実現致しました。ニ度と無い企画になるかと思いますので、良くお話しを聞いて自店に活用して下さい」とお話しがあった。


ヒロ・マツダ先生からは「色々あったが、立ち上がる事が出来た。2006年にTHE BARBERを出店して、現在首都圏内で7店舗展開しておりますが、ペ-スが早すぎた感がありますが、暇なお店は1店舗もありません。この先も、既に3店舗の出店が決まっております。本当に有難いですし、皆様に感謝しております」と挨拶して頂き、サロンPVを流して、講演開始となった。

現在、スタッフが70名を超え、このTHE BARBERを立ち上げる際、居酒屋に行って来店されてるお客様にリサ-チした感じでは、参考になる色んな意見があったが、普通料金のサロンに来店されてるお客様は、比較的オシャレ度が高い方と考える。


では、どうしたら男性に好かれるサロンになるのかを考え、内装・外装にこだわり、特に内装では半個室にして、自分の部屋にいるイメ-ジで、色合いだとか、リラックス効果が得られる事を考え、居心地の良い空間創り、「THE BARBER」のブランドが浸透するよう素材選びから、使用している道具、商品の細部のディテールまでこだわりぬいてサロンを創りを行っている。


それは、お店創りだけでは無く「人創り」もそうで、店舗の経営に必要なのはまず「人」と考え、お客様も「人」スタッフも「人」だから「人」を大切にしたいと考え、スタッフが楽しく仕事が出来る→お客様の満足度が上がる→サロンが儲かると言う「三方善しの法則」で営業を行っている。


「2018年5月にニュ-ヨ-ク店を出店したが、ニュ-ヨ-ク1号店の次に、またニュ-ヨ-クに支店を出店する事ができて、初めてニュ-ヨ-クに出店して成功したと言えるようになるのだろう」とお話頂き、最後に質疑応答を行い、講演は拍手喝采で終了となった。


会場は満員御礼状態となり、出席した会員や、スタッフ皆さんは非常に刺激になった素晴らしい講演会であった。


(通信 原田圭亮)

2018/07/18

平成30年7月13日 dhk夜間講師ゼミ


7月13日(金)、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(能登谷会長)では、代々木の全理連ビルにおいて、(株)PEER代表取締役の佐藤真琴先生をお招きし『AIと理美容業界の未来~理美容業界の機械化と仲良くする方法』と題した講演を行って頂いた。

佐藤先生は、一般企業に就職後、看護学校に入学し、その実習中に白血病の患者と出会い、その生きにくさを知り、何か出来ることはないかと在学中に患者ケアを地域で行う事業を資金5万円で起業し、その後静岡大学大学院工学研究科事業開発マネジメントコースにて、現場の声を事業化する方法を研究。


現在は、抗がん剤治療による脱毛期を過ごす患者さんに、手に取りやすい価格帯で人毛ウィッグを提供する専門美容室を立ち上げ、病院ではフォローしきれない後方支援事業を行っている。

佐藤先生のお話しでは、人工減少していく中で、理美容業界全体の売上総額は下がって行くと考えられ、理美容店を経営するうえで一番経費がかかるのは人件費ですが、そこでAIを活用する事がビジネスチャンスになる可能性がある。

AIの進歩は目覚ましく、かなり自動化出来ていて、、センサー技術も進歩しており、一人一人の頭の形や、髪の生え方などを瞬時に認識し、お客様の希望通りのカットをするAIが完成する可能性は充分に考えられるそうだ。

ただ、AIにも得意な分野と、苦手な分野があり、得意な分野は繰り返しの技術や、過去の膨大な蓄積データから統計上正しいことを導き出す事で、苦手な分野は、過去にはない新しいことを作り出す事で、ひらめきが必要な分野だそうだ。

 
リーダーとしての役割は、引き続き人間の仕事で、世の中の機械化のスピードから見れば、理美容業界は遅れているそうで、理由は、コストがかかる事、そして理美容業界の人たちが、AIを取り入れる事に目を向けていない事が挙げられる。

佐藤先生のお話の後、会場のdhk講師によるディスカッションが行われ、様々な意見が交換され、最後に盛大な拍手で閉会となった。


※ブログのみの特典

野澤俊介本部講師が、平成30年7月1日に入籍致しました!能登谷会長から、お祝いが手渡され、
野澤本部講師から挨拶が行われました!



野澤本部講師、おめでとうございます!!末永くお幸せに。


(通信:高松 緑郎)

2018/07/11

平成30年7月9日 dhk富山支局 畠山綾講師による「オイルケア・ヘッドスパ&シェ-ビング」講習

 

7月9日(月)、dhk富山支局(清水茂幸局長)では、高岡市の「ヘアーサロンふらっと」において、dhk東京本部より常任講師の畠山綾先生をお呼びし、「オイルケア、ヘッドスパ&シェービング」と題して講習を行った。


オイルケアとは、パーマ・カラー等の科学物質を取り除き、皮脂や角質・汚れ等、従来の洗浄でなかなか取れないものを落とし、栄養を与えるシステム。

オイルケアのクレンジングオイルは、抗炎症・抗アレルギー作用があり、保湿効果や保温効果、また血行が良くなり、皮膚の疲れを癒す薬剤で、非常に酸化しにくく、100%乳化する高品質オイルで、このオイルを使用してヘッドスパや、シェービングを行うと、硬い髪が弾力のある髪となり、肌は引き締められしっとりするオイルである。

早速、支局会員で相モデルになり、オイルによる新しい効果を体感した。


畠山講師からは「商品を説明する場合は、まずは効果を体感する事によって、お客様に『この商品を使えばこういうふうになるんですよ』と具体的に伝えることができ、お客様に共感して頂けるようになります。」とお話しして頂いた。


講習の最後に清水支局長より「オイルを使った新しい高付加価値メニューとして導入してみてはいかがでしょうか」と挨拶を頂き、講習は終了した。

 


(通信 手丸勝人)

平成30年7月10日 第62回関東甲信越理容競技大会 in 宇都宮

 
平成30年7月10日、第62回関東甲信越理容競技大会が、栃木県は宇都宮にある「宇都宮グランドホテル」にて開催した。

dhkからは、第2部「レディ-スカット・パ-マスタイル Marge」人間モデル部門で、
【東京都代表】 中森善裕選手(dhkレディ-ス科 仲山店)と、

 
第2部「レディ-スカット・パ-マスタイル Marge」マネキン部門で、
【千葉県代表】 島田将斗選手(花島店)が出場。
 
 
 
第3部「メンズカット・パ-マスタイル」部門では、
【千葉県代表】 鈴木隆弘選手(dhkケミカル科・花島店)と、
 
 
【新潟県代表】 加藤徳晃選手(dhk新潟 近店)が出場した。
 
 
外は、梅雨も開き猛暑であったが、会場内も熱気溢れる大会となった。
 
 
結果は、第2部「レディ-スカット・パ-マスタイル Marge」マネキン部門で、千葉県代表として、
出場した島田将斗選手(花島店)が優勝し、
 

 
第2部「レディ-スカット・パ-マスタイル Marge」人間モデル部門で、東京都代表
として出場した中森善裕選手が優勝した。


 
お2人共、本当に優勝おめでとうございます!!
 
 
モデルさん、選手の皆様本当にお疲れ様でした。
 
また、応援に駆けつけて頂きましたdhk関係者の皆様、御声援ありがとうございました。
 
 
 
 
 
(通信 原田圭亮)



 

 
 
 



2018/07/06

平成30年7月5日 dhk富山支局 「第7回サロン局講習」


7月5日(木)dhk富山支局(清水茂幸局長)では、高岡市の「ヘアーサロンふらっと」において「第7回サロン局講習」が行われた。

今回は、金沢市の理美容卸(有)ノワキの紹介で、(株)ブラフの担当者をお呼びし、「フィードバックディスク」の商品説明を行って頂き、支局会員は実際に体験した。


「フィードバックディスク」とは、装着し作動させることにより皮膚を振動させ、それが神経を通り脳へ伝達されると、脳が刺激に対し運動信号を送り眠っている筋肉を活性化するものだそうだ。


その作用により顔全般の引き締め、肩こり腰痛の緩和、姿勢の改善などの効用が期待できるそうだ。実際に装着した支局会員は肩こりや首の痛みが緩和したのを実感した。

肩が凝っているときに肩をたたいたり、陸上選手が走る前に足をたたく行為などは同様の効果を求めているということであった。

講習の最後に清水支局長より「美容、健康、スポーツに効果が期待できるこの商品を各自での使用や店販に利用してみてはいかがでしょうか」と挨拶をいただき「第7回サロン局講習」は終了した。


(通信 手丸勝人)