2021/01/18

令和3年1月18日 dhk新年全国WEB講演会 「異業種から学ぶ~プロスポーツトレーナーの仕事」

令和3118日、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(花島会長)では、コロナ感染に気をつけWEB配信する事で、新年全国講演会を開く事を行った。

本日は、一流スポーツトレーナーの㈱The StadiuM 代表取締役 山田晃広氏、そしてゲストに元なでしこリーガー 吉野有香氏をお迎えし「異業種から学ぶ~プロスポーツトレーナーの仕事」と言うテーマで講演を行った。

まず最初に、スペインリーグ・Jリーグ・なでしこリーグの選手達の身体をケアしてきた、一流スポーツトレーナー山田氏による、仕事に対する取り組み方や施術方法をご紹介して頂き、その後に本日のゲスト吉野有香氏より自己紹介をして頂き、山田氏、吉野氏とのインタビュ-形式で講演は行われた。

山田氏は、次世代プロスポーツトレーナの募集・育成・輩出にも力を入れており、吉野氏の選手側からの良いトレ-ナ-とは「身体のケアは勿論な事であるが、コミニュケ-ション能力が高く、目標を共有できる、心の中を打ち明けられるトレ-ナ-が理想」だそうで、相手の身体の様子や、体調、精神面を合せてあげると選手達の身体の動きが変わって来るそうで、それぐらいトレ-ナ-と言う仕事は選手達に寄り添わないと出来ない仕事である。


後半では、実際にスポ-ツトレ-ナ-の仕事とはどのような仕事なのかを、山田氏が普段やってる仕事を吉野氏にやって頂き、テーピングも用途によって様々な種類の物がある事を知り、試合前や、試合中も短時間で適格なテーピング技術を行わなくてはならなく、また脚や腕、肩のストレッチも行い、選手の体調や、精神面を支える・・・トレ-ナ-とはそのような重要な役職である事を知った。


そして、dhk齋藤局長も実際にテーピングをやって頂き、体験した。

最後に、今後の目標として吉野氏からは「京都にサッカ-チ-ムを立ち上げるので、女子サッカ-で日本を盛り上げて行けるよう、今計画を立てて準備を行っている最中です」とお話しして頂き、山田氏からは「優秀なスポ-ツトレ-ナ-を現場に送り込んで、アスリ-トの価値に貢献して行きたい」とお話しを頂き、質疑応答を行った。

異業種から学ぶことを、サロンにフィードバックさせるだけでなく、改めて理美容業の素晴らしさを再確認できる内容となり、人材不足に悩む理美容業界にヒントを与えてくれた素晴らしい内容のdhk新年全国WEB講演会であった。

dhk全国支局、新潟、富山、長野、静岡、名古屋、北九州、熊本、沖縄、の各支局長並びに、支局員の皆様、休日の朝からWEB講習にご参加頂き、有難うございました。

 

(通信 原田圭亮)

2021/01/09

令和3年1月8日 dhk夜間リモ-ト講師ゼミ  花島会長年頭挨拶・吉田昌央先生講演

令和318日、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(花島会長)では、新年最初のゼミとなり、協同組合とのジョイントゼミとして、花島会長年頭の挨拶と、シェービングビューティ伝道家の吉田昌央先生をお迎えし、豪華2本立てのリモ-トゼミを行った。

最初にdhk花島和久会長より挨拶が行われ、

「本日から1か月の間1都3県が緊急事態宣言に入ったが、この難局を乗り越え2021年もdhkは『理容師、美容師の社会的地位の向上を図り、会員相互の親睦と事業の繁栄を通じ社会貢献する』という目的を具体的に実行し、『離れているけど離さない』そういう事業を行って行く。

昨年4月よりdhkも活動を停止し、9月よりオンラインでゼミを再開できるようになったが、本年はdhkの皆さんの自発的、積極的な参画と活発な議論を経て、ひとつになって進むべき方向性を示せるよう、充実した一年にしたい。

毎年3月に開催している「DHKフェスティバル」も選手やモデルさん達の安心・安全を考慮し、集まって行う競技は行わず、作品を写真に撮って送る形態での「DHKフォトフェスティバル2021」として開催する事になった。

若い理容師、美容師達に普段サロンでは出来ない、クリエイティブな作品創りを愉しんで取り組んで頂く事で自分自身も成長し、消費者が喜ぶ仕事に繋がると確信している。

dhkの長い歴史の中でも、大きな節目となるであろう2021年を皆さんと共に歩み、目的に向かって邁進して行く所存であります。」と年頭の挨拶を頂戴した。


その後に、吉田先生の「女性理容師が新しい扉を開く」と言うテーマで講演を行って頂いた。

女性理容師の魅力とは、成り手が少なく希少性が高く、即戦力があり稼げる技量を秘めた存在、顧客創造につながる存在である。

新しい機械とか、新しい商材を購入する話ではなく、今ある技術でメニュ-設計したり、見える形、言語化するとシェ-ビングメニュ-が広がる。

お客様は年齢層より、客群でコースプランを立てて焦点を絞り、女性理容師の武器を主役に持って行く事で、質を高めたラインナップで勝負できる。

「専門学校や、美剃師シェイヴィストの称号を与え、シェ-ビングの専任者を冠する事で高品質化し、好きを自信に変える風土醸成を行い、女性理容師を認めてあげる、理容師自身が変わる時、経営資源を見つめ直す事が必要になって来る」と講演の終盤を締めて頂き、質疑応答で吉田先生から新たなシェ-ビングの可能性のお話しをして頂き、本年も幸先良く始まった講師ゼミは終了となった。


(通信 原田圭亮)

2020/12/12

令和2年12月11日 dhk夜間リモ-ト講師ゼミ ~野平直希先生によるフェ-ドカット~

 

令和21211日、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(花島会長)では、12月の夜間講師ゼミとして、今最も旬な若手スタイリストの一人である、野平直希先生をお迎えし「フェード技術」をモデルさんで行って頂いた。


まずは、野平先生からいつも仕事で使ってる道具の説明と、使い方を説明して頂き、技術に入って頂いた。

今は、dhk佐々木講師の新宿本店に勤務しており、今サロンで一番人気のあるアイロンパ-マを施したフェードスタイルを本日は作って頂く。

時間の関係、予めアイロンパ-マは施術済みで、フェ-ド技術から行って頂いた。

ガイドを決め、頭皮に凹凸をチェックしながらクリッパ-を入れるのだが、クリッパ-を入れる面が濡れているとその後のシェ-バ-が入りにくいので、乾かした状態にしてクリッパ-を入れ、更にシェ-バ-でぼかす。


今、45割のお客様がこのフェードスタイルで、お客様がお客様を呼んでくれるのと、今は情報時代なので、インスタを利用し集客したりと、この技術は上手い下手がハッキリと出る仕事である。

また、アイロンパ-マが若い世代に好評で、仕上がりよりもアイロンを巻いた状態をインスタに上げるとより注目度がアップするらしい。

このフェ-ドの仕事は、ハサミでカットするのと同様、落とし腰で、椅子を上げないで目線を落としてクリッパ-でぼかし、ミリ数よりいかに白から黒までのグレ-ゾ-ンを綺麗に作って行けるかのみを考えて仕事をしているそうである。


営業は、全集中してカットするので、極力お話しはしないそうで、手がブレるのと、物凄く集中力のいる仕事、またキリが無い仕事でもあるので、ある程度時間を決めてカットし、色彩には拘りを持っている。


最後に、ハサミで仕上げ、生え際を綺麗にトリマ-で取る事により、刈り上げも綺麗に見え、かっこよく仕上がる。


スタイリングは、ジェルで仕上げて頂き、ジェルを使う事により、髪の毛が黒く見え、艶を表現できると言う点からお勧めのスタイリング剤であるそうで、素晴らしいヘアスタイルが完成した。



最後に質疑応答を行い、今最も旬な若手スタイリストの野平先生の仕事は講師達にもセンセ-ショナルに映り、とても刺激を頂いた講師ゼミとなった。

 

(通信 原田圭亮)

2020/12/11

令和2年12月10日 dhk富山支局 ~各店からのプレゼンテーション!vol.3~

 


令和21210日(木)、dhk東京ヘアモードアカデミー富山支局(清水茂幸支局長)では、前回に引き続き、オンラインによる「各店からのプレゼンテーション!vol.3」と言うテーマで、会員の各店舗持ち時間5分~10分での、プレゼンテーションを行って頂いた。

冒頭、清水支局長より「今、コロナ禍の気持ちが落ち込む中、dhk富山支局の我々で、各店の素晴らしいメニューや商品・情報を共有する事により、皆様の各店舗の繁栄とお客様の笑顔の為になって頂けたら有難いと思います。」

と挨拶を頂き、各店からのリモートプレゼンテーションへと入った。

新メニューの商品紹介では、ルベルより発売されたジオパーマが紹介され、根元から毛先まで均一なウェーブを再現でき、1剤が泡状である事から、1剤が頭皮に垂れにくく施術中の快適性を叶えてくれ、つけ巻きの為、時間短縮が可能になるとの事であった。

また、お客様への新年のご挨拶では、手描きのスタッフ一同の似顔絵が描かれた年賀状を送られる店舗や、体が不自由になり、なかなかお店に足を運べずに居られるお客様への訪問理容など、地域密着なサービス展開など紹介して頂いた。

その他に、中小企業への助成金や、様々なコロナ対策などへの助成金や補助金などの支援策や、どこでどんな手続きを行えば支援を受けられるのかという、まとめた情報を紹介して頂いた。

  

今回は、dhk富山支局会員の4店舗のプレゼンテーションをして頂き、それぞれ感想と、質疑応答を行い「各店からのプレゼンテーション!vol.3」リモートセミナーは終了した。

 

(通信 黒田充紀)

2020/12/04

令和2年11月26日 dhk富山支局 ~オンラインプレゼンテーション~

令和21126日(木)、dhk東京ヘアモードアカデミー富山支局(清水茂幸支局長)では、前回に引き続き、オンラインによる「各店からのプレゼンテーション!vol.2」と言うテーマで、会員の各店舗持ち時間5分~10分での、プレゼンテーションを行って頂いた。

冒頭、清水支局長より「前回の素晴らしいプレゼンテーションに引き続き、今回のプレゼンテーションも、それぞれのサロンと大切なお客様の為になって頂けたらと思います。」と挨拶を頂き、各店からのリモートプレゼンテーションへと入った。

店売の商品紹介では、ネットやドラッグストアなどに低価格での流出を防ぐ様、サロン専用に特化したヘアオイルやスタイリング剤などの商品や、時代の流れに合わせ「鬼滅の刃カラーワックス」を取り入れ、好きなキャラクターカラーを選択し仕上げに使用することにより、店売にも繋がり、子供から大人まで喜んで頂けるとの事であった。


また、お客様との趣味のお話しを弾むよう、キャンプや釣り.ゴルフなどの知識のプレゼンテーションや、趣味で動画の編集をされているサロンでは、作成した編集動画でのプレゼンテーションを紹介して頂いた。

その他に、このコロナ禍の中マスクを着用しての接客をしている事で、目と眉のみの露出の為、マスクを着用している時の表情がお客様に暗い印象を与える恐れがある。との指摘があり、会員一同マスクを着用しての表情チェックを行い、目尻を下げるなどしてお客様に好印象を与える事ができるとの事であった。

今回は、dhk富山支局会員の5店舗のプレゼンテーションをして頂き、それぞれ感想と、質疑応答を行い「各店からのプレゼンテーション!vol.2」リモートセミナーは終了した。

 

(通信 黒田充紀)