2019/12/06

令和元年12月2日 dhk富山支局「美眉シェ-ビング&眼精疲労マッサ-ジ講習」

 
12月2日(月)dhk東京ヘアモードアカデミー富山支局(清水茂幸支局長)では、富山市の「タケヘアーサロン」において、dhk本部より、dhk東京ヘアモードアカデミー常任講師、シェービングエステ科チーフの武知絹子講師をお呼びし、「美眉ラインのシェービングと眼精疲労マッサージ」と題して講習を行った。

今回の講習は、美人眉の黄金比やお客様に合った眉の形、シェービングのカウンセリングから接客まで講義し、支局会員をモデルに美眉ラインのシェービングと眼精疲労マッサージのデモストをしていただき、支局会員も相モデルで実践した。

美眉の黄金比では、眉頭は小鼻中央の延長線上、眉山は鼻先から黒目中央の延長線上、眉尻は下唇中央から目尻の延長線上であるということであった。


眉のベースの形としては、アーチ型とストレート型に分けられ、丸顔や面長などの顔の形や、一重タレ目などの目の形別によってお客様に提案するそうだ。


眼精疲労マッサージでは、フェイスマッサージから鎖骨部、大胸筋から首や耳まで順に圧迫や軽擦し、リンパを流す事で、体の中の余分なものを外に出すことだけでなく、心身ともにクリアにする効果があることを理解した。

「今日すぐ出来ることでは無いので、これから練習して、皆さんの各お店がより良いお店になるようにしていきましょう」という武知先生の言葉で講習は終了した。

 
(通信 黒田充紀)

2019/12/04

令和元年11月28日 dhk富山支局「第14回サロン局講習」


11月28日(木)dhk富山支局(清水茂幸局長)では、高岡市の「ヘアーサロンふらっと」において「第14回サロン局講習」が行われた。

今回は金沢市の理美容卸(有)ノワキの紹介で(株)ホーユーの担当者をお呼びし、ヘアカラーの「H.E.(ヒー)」の商品説明を行っていただき、支局会員をモデルに実践した。

「H.E.」は、白髪染めへのファーストステップとして最適なメンズシャドウカラーメニューであるということであった。

従来の白髪染めは、急な印象の変化、ダメージや時間に対する懸念など、ネガティブなイメージがあるが、メンズシャドウカラーは、白髪を濃いグレーに染めて、「なじませることで目立たなくする」という新しい概念を提案するそうだ。

主剤染料として、グレーのベース色を作れる「4APE染料」を使用しているため、褪色後に気になる赤味が出ることなく、新生部との境目が目立ちにくいということであった。

実際に染めてみるとしっかりと白髪も馴染んでツヤのある仕上がりとなった。

〈befor  〉              〈after〉
  
 
  
 
 講習の最後に清水支局長より「白髪が気にはなっているが、白髪染めに対してハードルが高く感じているお客様に是非お勧めしてみてはどうでしょうか」と挨拶をいただき講習は終了した。


(通信 黒田充紀)

2019/11/21

令和元年11月20日 DHK協同組合ゼミ 高木吉之先生講演


令和元年11月20日、DHK協同組合(能登谷組合長)では、11月の協同組合ゼミとして、「ナチュラルヘアー あおいろかぶとむし」を経営している高木吉之先生をお迎えし、「1店舗スタッフ2名で月売上300万円の経営術」と言うテ-マで講演して頂いた。

高木先生は、中谷嘉孝先生のお弟子さんで現在全理連中央講師も務めており、本日はヘアサロンを営んでいる長野県安曇野より、本日この講演の為にわざわざお越し頂いた。


まずは自己紹介をして頂き、この理容業界に入ったきっかけは、調理師一家で育ったが、中学の頃近所の床屋に通ってて、客数で計算してみたら「これは良い仕事だ」と思い理容師になったそうだ。

千葉県出身だが、現在は長野県安曇野市に移住し、トレ-ラ-ハウスを利用し、理容室、美容室の2店舗を経営。


完全予約制の地域非密着を掲げており、半径100km圏内をタ-ゲット、カット料金は10000円頂いており、日本全国からわざわざ長野県安曇野まで来店されるお客様も多いとの事。

お客様は90%以上が女性のお客様で、カラ-をするお客様が多く、また医師、看護師さんが多いのが特徴で、技術は上手いのは当たり前、全ては逆転の発想で、予約を徹底している歯科医院に勝ちたいと思い、来店して頂けるよう寛いで頂き、様々なオリジナリティ-でサロンワ-クを行っている。

こだわりの珈琲、夏はかき氷、チャリティ-を兼ねて年に1回の24時間営業、ハロウィン、書初め・・・サロンに来られた際は、非日常をお客様に味わってもらいたく、季節感を出さない努力を心がけているそうだ。

ホ-ムペ-ジと、ブログのみをやっているそうで、ホ-ムペ-ジは「想いを伝え」、ブログは「共感を伝える」ツールであるとのお話しであった。


女性客にとって理容室は新しく映るそうで、蒸しタオルや、移動しないで座りっぱなしで全て終わる、と言う理容の強みを生かす事で、美容室では出来ない時間を過ごしてもらい、長野県安曇野と言う土地でも予約の取れないサロンとして繁盛店として成功していると言う、非常に勉強になったお話しをして頂いた。

最後に高木先生から「まだまだ発展途上なので、また皆様の前でお話しができるようもっと高めて行きます」と締めて頂き、講演は終了となった。


高木先生のお店のホ-ムペ-ジです。
https://aokabu.com/


(通信 原田圭亮)

2019/11/13

令和元年11月11日 令和元年度dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-講師昇格試験


令和元年月11日(月)、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(能登谷会長)では、東京・青山にあるガモウ本社スタジオにて「令和元年度dhk東京ヘアモードアカデミー講師昇格試験」が開催された。

 
司会者開会挨拶の後、能登谷会長より冒頭の挨拶で「本部講師、常任講師を受験する皆さん、1年間の成果を発揮し、グレ-ドアップした技術や、知識の提案などが発表ができるよう、今日は全力投球で頑張って下さい」と挨拶があり昇格試験は定刻通りに開始となった。

「本部講師受験者」は、筆記試験と、人間モデルで「お勧めできるサロンスタイル」をパーマもしくは、ヘアカラー等の薬液を使い、120分以内で仕上げ。そして、論文に基づくスピーチ10分。

 
「常任講師受験者」は、筆記試験と、人間モデルにて、「サロンで売上アップ出来るスタイル」か、「講習で提案できる技術」をカット&パーマもしくはヘアカラ-等の薬液を使い、120分以内で仕上げ。そして論文に基づくスピーチ及び実技20分。

 

のそれぞれの内容で昇格試験が進められた。

 
受験者は、昇格試験の緊迫した厳粛な雰囲気の中、緊張しながらも精一杯自分の力を発揮し、日頃の成果を発揮すべく全力投球で試験を受験した。


なお、昇格試験の合格発表は12月16日のdhk納会にて発表される。


本部講師受験者2名 常任講師受験者2名



(通信 齋藤哲也)

2019/11/09

令和元年11月8日 dhk夜間講師ゼミ「都理協New Hair 2020 ♯TOKYO Z」


令和元年11月8日、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(能登谷会長)では、11月の夜間講師ゼミとして、都理協設定委員の畠山英樹常任講師に「都理協New Hair 2020  ♯TOKYO Z」の作品発表を行って頂いた。

「都理協が理容を救う!」というスローガンの元、創られたニューヘアだそうで、プロバスケットチ-ムとコラボし、バスケットのファンの皆様から、一般消費者にアピ-ルし、拡散できるよう作品提案を行ったヘアスタイルだそうだ。

イメ-ジPVを流した後、畠山設定委員よりコンセプトをお話しして頂き、キ-ワ-ドは「3ブロック」だそうで、パワ-ポイントで説明して頂きながら、技術解説して頂いた。


このスタイルで、一番難しい所は刈り上げの部分だそうで、刈り上げとの接合部にラインを入れる事が特徴になっている。


営業で行う際には、お客様の職種を考慮し、ラインを入れない場合でもヘアスタイルがかっこ良くなるデザインに考えてある。

トップは、オ-ソドックスにカットし、アイロンパ-マを入れ、ドライヤ-で乾かすだけでスタイルになるので、一般消費者にも再現性のある、かっこ良いヘアスタイルとして「サロンで売れる」ヘアスタイルの発表会となった。


最後に、先日10月30日に開催されました「dhk会長選挙」に於いて、次期会長に就任する花島新会長より改めて当選、就任の挨拶を行って頂き、次期花島会長の就任を拍手喝采で祝い、11月のゼミは終了となった。



(通信 原田圭亮)