2019/06/18

令和元年6月17日 全国教室局東京本部講師ゼミナ- 伊藤努氏をお迎え講演して頂きました。

 

令和元年6月17日(月)、dhk全国教室局(荻野局長)では、「令和元年度全国教室局東京本部講師セミナ-」を東京で開催した。


今回は、経営セミナ-と、サロン見学の2本立てでの内容となり、経営セミナ-の特別ゲストとして、芸能人であり、ラ-メン店経営者のデビット伊東さん(伊藤努)をお迎えし講演を行って頂いた。


現在デビット伊東さんは、俳優、タレント、経営者としてマルチな活躍を行っている。

ラ-メン店を始めたきっかけは、腓骨神経麻痺と言う病気がきっかけで、33歳の時にあるTV番組の企画で3か月ラ-メン店で修業してラ-メン店をオ-プンさせ、今年20年を迎える。

ラ-メン店開業時は、テレビ企画の延長での開業となり業績は凄かったが、徐々に、スタッフやお客様を見ていない自己満足の経営となり、うまく行かなくなり、技術があっても、人がダメならダメであると言う事を痛感した。


それからは、自分自身を戒める為、スタッフに自分の姿を見てもらい、スタッフや、お客様から学ぶと言う社会教育を徹底し、まずは今何をやらなければ行けないのか、そして、2年3年後は、と夢を具体的に現実にしないと夢が生まれない。

日頃の経営では、私を含めスタッフ一丸となり、常にお客様に楽しんでもらう事を考えており、現在では中国、ベトナムと多くのお店を経営しており、どの国でも同じ教育方針だそうで、伊東さんの「人が好き」と言う人柄に、参加した私達も共感できた素晴らしい講演となった。

最後に、デビット伊東さんと握手して頂き、拍手喝采で講演は終了となった。


その後、場所を移動してdhk佐々木貴保理事のサロン見学へと移動となった。


佐々木理事は、新宿本店を起点とし、高円寺、六本木に理容店を3店舗、浜松町に美容室と、現在首都圏に4店舗を出店し経営している。

新宿本店から、高円寺店、六本木店、浜松町店と、移動し、各サロンの経営方針、客層、売上、全てさらけ出して頂き説明して頂いた。

新宿本店
 
高円寺店
 
六本木店
 
浜松町店

 
 立地によるそのお店毎の違いが理解でき、共通して言える事は外国人客が多くなり、「インバウンド」の時代になったと言う事であった。

佐々木理事も、デビット伊東さん同様「人が好き」な人柄で、スタッフ想いな所も2人共共通した、大変勉強になった1日のセミナ-であった。

その後懇親会を行い、仲間同士情報交換や親睦を深め解散となった。

 

 皆様、遠くからのご参加本当にありがとうございました!
 
 参加者17名(東京4名、静岡3名、名古屋3名、新潟3名、北九州1名、熊本1名、岡山1名、徳島1名)

(通信 原田圭亮)

令和元年6月14日 令和元年度東京ヘアモ-ドアカデミ-定期総会


令和元年6月14日(金)、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(能登谷会長)では、代々木の全理連ビルにて「令和元年度東京ヘアモ-ドアカデミ-定期総会」を開催した。

総会開会に先立ち、仲山常任理事の開会の辞で総会が開会された。

 
 能登谷会長挨拶では「私が会長として9回目の総会を迎える事が出来た。私達業界も高齢化を迎え、残念ながら理美容師のなり手が減少しつつあるこの時代に、これからの技術者を増やして行く事が責務であり、会や、協同組合の存在の意味を皆様に理解して頂きたい。その為に、9月に開催するキッズダンスコンテストを通じて、一般消費者に私達の仕事や、技術の深さを見て頂き、参加して頂く事でこのイベントの価値がある。これからも、dhkとして原点に戻りながら、皆さんの生活を豊かに出来るよう、一丸となりスクラムを組み、事業に取り組んで行く所存であります。本日は、統括と言う意味で審議して頂き、活発な意見をお願いしたいと思います。」と挨拶を頂いた。

 
議長に武智絹子常任講師を選出し議事が開始に入った。

平成30年度の事業報告が各局長より報告され、全会一致の拍手にて承認された。

会計報告は根本弘之担当より行なわれ、監査役の小島、玉川会員による監査報告の後、承認された。

 
令和元年度事業計画案が各局長より発表され、拍手にて承認された。同様に予算案も承認された。
来年度の総会監査役に西田、畠山英樹会員を選出し、全ての議案が承認された。

最後に、花島副会長の閉会の辞により「令和元年度dhk定期総会」は滞りなく終了した。



※ブログのみの特典

dhk中森善裕講師が6月23日に結婚致します。能登谷会長からお祝いが手渡されました。

 
幸せな家庭を築いて下さい!本当におめでとうございます!
 


(通信 原田圭亮)

2019/06/12

令和元年6月6日 dhk富山支局「第5回サロン局講習」


6月6日(木)dhk富山支局(清水茂幸局長)では、高岡市の「ヘアーサロンフラット」において「第5回サロン局講習」が行われた。

今回は高岡市のLINE公式アカウント店舗向けパートナー株式会社アキデザインの担当者をお呼びし、「LINE公式アカウントの活用方法」と題して講演していただいた。


LINE公式アカウントは、「友だち登録」していただいたお客様へ、リアルタイムに情報を届けられる、強力な集客ツールだそうだ。


LINEアプリの利用状況としては、1日に1回以上利用しているアクティブユーザーは7500万人で日本の人口の約62%にのぼるそうで、他サービスと比較したリーチ力がLINEアプリの強みだということであった。

基本機能としては、友だち登録していただいたお客様に一斉配信などできるメッセージ配信や、チャット機能、集客に効果的なクーポンを手軽に作成し配信できるクーポン抽選機能、各店舗のLINE上のポイントカードを作成・発行できるショップカード機能など、他にも沢山の機能が多種多様で使えるそうだ。


「LINE公式アカウントは、LINEで問い合わせや予約などの対応もできるため、顧客満足度の向上に役立つので、是非営業に活かしていきましょう」と挨拶をいただき講習は終了した。


(通信 黒田充紀)

2019/06/05

令和元年6月3日 dhk富山支局「メンズアイロンパ-マ講習」


6月3日(月)、dhk東京ヘアモードアカデミー富山支局(清水茂幸支局長)では、高岡市の「ヘアーサロンふらっと」において、dhk東京本部より、高松緑郎常任講師をお呼びし「メンズアイロンパーマショートスタイル」と題して講習を行った。


アイロンパーマは、施術時間が短縮されるだけでなく、髪が乾くとカールが出てくるので、再現性が非常に良く、お客様が自分で手入れしやすいということであった。

ウイッグでデモストしていただき、支局会員は、各自ウイッグに実際に薬液を使用し実践した。


カットでは、髪の流す方向を想定して、ハサミの入れ方や入れる角度を変える事で自然に髪が流れてくれるそうだ。

アイロンの操作上の基本としては、ステムの角度・温度・テンションが大切だということであった。
フロント以外を10ミリの角アイロンを使用し、フロント部分を8ミリの角アイロンでスパイラルにかけ、フォルムを考えてステムの角度を変える事で、再現性が広がることを理解した。


「アイロン技術を強みに、新しいデザインのきっかけにして営業に活かしていきましょう」という高松先生の言葉で講習は終了した。



(通信 黒田充紀)

2019/06/02

令和元年5月27日 dhk新潟支局「第2回プロフェッショナル講座」


dhk東京ヘアモードアカデミー新潟支局(鷲尾 勉支局長)では、5月27日(月)、ハードオフエコスタジアム・ミーティングルームにて、「令和元年度・第二回dhk新潟支局プロフェッショナル講座」を開催した。
講師に富田きく江氏(dhk常任講師)をお招きして、主に男性向けのフェイシャルエステ&リンパマッサージをテーマに講習が行われた。

同講師は、dhkシェービングエステチームのメンバーとして男性向けのフェイシャルエステ&リンパマッサージを強く推奨していきたいと思っており、dhk東京本部での講習内容の一部をレクチャーしましょうと、実習形式で講習を開始。

最初に講師がリンパマッサージにおけるオイルや香り付けに使うアロマの説明後、モデルを使って十数分間のマッサージの行程を解説しながら一通り施術を披露。

やはり実際に手を動かさないと自分のモノにならないという考えのもと、会員同士で相モデルになり、その後に2クールをかけて指の運び方など学んだ。

講師の明るいキャラクターもあって、和やかに進行しつつも熱のこもった指導で、リンパマッサージなど会員も熱心に取り組んだ。

講習内容は、講師の店舗で実際に男性のお客様にも大変好評なメニューであり、しかもマッサージ効果で髭も軟毛化してシェービングも施術し易くなると説明。

フェイシャルマッサージと言えば女性向けメニューと考えがちですが、女性が喜ぶものは男性もしてもらいたいはず。

ヘッドスパがブレイクした理由のひとつにリラックス&リフレッシュが挙げられるが、同じ要素を持ち合わせているフェイシャルエステ&リンパマッサージもきっとお客様に受け入れられるのではないでしょうか。

しかも、オイル一本あれば講習に参加した会員は明日からでも始められるメニューです。

最後に「今回の内容は、シェービングエステチームの講座のほんの一部です。もっと詳しく知りたい方は、ぜひdhk東京本部の講座を受けに来てください、待っています。」との挨拶で講習は閉会となった。


(通信 佐藤史朗)