2021/07/23

令和3年7月21日 DHK理美容協同組合リモ-トゼミ

 

令和3年7月21日(水)、DHK理美容協同組合(花島組合長)では、7月の協同組合リモ-トゼミとして、「社会保険労務士事務所リーフレイバーコンサルティング」の 社会保険労務士 川崎潤一による「最新!2021年度導入しやすい助成金」ついて講演をして頂いた。


冒頭花島組合長より


「明日から4連休があり、オリンピック開会式も控えている。相変わらずコロナ感染者が増加傾向ではあるが、dhkも様々な取組みを行っており、特にこの協同組合では、各サロンの売上が上がる事が役目である。今夜の助成金の話は、各サロンに置き換えてみると手続きできる事もあるので、是非行動して頂き、今年ももう後半に入ってるので、これから暮に向けて頑張って頂きたい」と挨拶して頂き、講演に入った。

助成金とは、国が行っているもので、国からもらえる助成金の事を言い、「助成金」と「補助金」がある。

「助成金」は厚生労働省の管轄で、条件に合致すれば原則100%受給でき、「補助金」の方は経済産業省の管轄で、条件に合致しても受給できない可能性があると言う違いがあり、メリット、デメリットそれぞれあるので各店舗の条件にあった助成金を申請した方が良いと言うアドバイスを頂いた。


また、都道府県独自の助成金もあるので、活用を考えている方は都道府県の担当者に聞いてみるのもお勧めだそうだ。

最後に質疑応答を行い、川崎氏より「今までと違うお店になった時、また従業員を雇う時、使える助成金があるか気軽に連絡して頂きたいと思います」と締めて頂き、7月の協同組合リモ-トゼミは終了となった。

 

(通信 原田圭亮)

2021/07/10

令和3年7月9日 dhk夜間講師リモ-トゼミ

 


令和379日、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(花島会長)では、7月の夜間リモ-トゼミとして、BCAプロダクツ高畑さおり様をお迎えし、「正しい”ツイスト スパイラルパーマ”&”ツイストパーマのマル秘技術テク」と言うテーマで講習して頂いた。

冒頭花島会長より「東京は4回目の緊急事態宣言が発出された。引き続き、皆様のサロンからクラスタ-が出ないよう十分気をつけて欲しい。今日は、BCAの高畑さんをお迎えするが、私のサロンではBCA商品でお客様に満足行く施術ができている。商品を使った事にない方は、是非使ってみる事をお勧め致します。」と挨拶を頂き、講習がスタ-トした。

BCAプロダクツでは、最近理美容業界で話題のの動画セミナーを行っているそうだ。

その動画セミナーのコンテンツの中から、BCAの薬剤、「低膨潤・高還元 中性ハードパーマ液」、や「毛髪強化剤マトリックスβ」の理論・解説と、ダメージを最小限に抑えハードな仕上がりを提供できる「低房潤・高還元 中性ハードパーマ液」ヘルタースケルターについて詳しく説明して頂いた。

薬剤の解説の後、最近お客様のオーダー急増中の、「ツイストスパイラルパーマ」と「ツイストパーマ」についてのテクニック動画をふまえ、「ツイストスパイラルパーマ」と「ツイストパーマ」の違いを明確にし、復習も兼ねて解説して頂いた。

今回も、dhk全国支局(新潟、富山、名古屋、沖縄)から、各支局長をはじめ、支局員も参加して頂き、大いに盛り上がったリモ-トゼミとなった。



(通信 原田圭亮)

2021/06/30

令和3年6月24日 dhk富山支局「第6回サロン局講習 ~富山-東京を結んだリモ-ト講習~」

 

令和3624日(木)、dhk富山支局(清水茂幸支局長)では、東京にあるdhk全国講師局 丸山一樹局長の店舗「hair make Joo」をお借りし、富山と東京をリモ-トで結んだ「第6回サロン局講習」が行われた。

今回は、dhk東京本部より、dhk全国教室局局長の佐々木貴保先生をお迎えし、「スキンフェード&二グロアイロンパーマの営業実践披露」と言うテーマで、モデルさんにてデモストを行って頂いた。

スキンフェードカットでは、さまざまなWAHL製のバリカンを使用し、バリカンの角のみ使用したり、指で頭皮を持ち上げ、毛を起こし、色々な角度でバリカンを入れるなどで、より綺麗なスキンフェードカットができるそうだ。

カットをする際は、一点のみを見ながらカットするのではなく、全体を見ながらシルエットをチェックする事を心がけているということであった。

二グロアイロンパーマでは、シルバートランスアイロンを使用し、まず全体の毛先のみを掛けてしまう事により、その後のアイロン操作で毛が引っ掛かりやすくなり、巻きやすくなる。

一度アイロンで巻いたものをコームで梳かし、また違う角度で巻く事や、髪に熱を与える時間を少なくする事で、しっかり掛かりながら髪へのダメージも軽減される。

薬液タイムの時間で、支局会員の志望により、ウィッグで固定刈り、連続刈り、すくい刈りなどのハサミやコームの捌き方など基本技術を解説して頂いた。

モデルさんをジェルで簡単にスタイリングし、スキンフェード&二グロアイロンパーマが完成。

佐々木先生より、世の中の流れから、SNSWEBなどでの集客方法や活用方法などのお話しをして頂き、「この様な、バーバースタイルは我々理容師にしか出来ない技術であり、これからまだまだ高単価が得られる技術である」とアドバイスがあった。

最後に質疑応答を行い、支局会員からスピード、技術共に素晴らしいフェードカット&アイロン技術に拍手喝采にて、「第6回リモートサロン局講習」は終了となった。

 

通信 黒田充紀)

2021/06/12

令和3年6月11日 令和3年度dhk定期総会

 

令和3611日、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(花島会長)では、「令和3年dhk定期総会」をリモ-トにて行った。

昨年度は、各講師にメールで総会資料を送り、往復葉書返信による書面決議という形式であった。

本年度の総会では、役員から報告・発表、質疑応答を行えるようにする為、リモ-トによる「WEB総会」と言う形式を取り、承認の確認は、昨年同様往復葉書による書面決議にて行う事となっている。

総会開会に先立ち、佐々木常任理事の開会の辞で総会が開会。

花島会長挨拶では


「昨年の、書面のみでの総会からコロナは終息する事無く、1年経ってしまった。皆さんには、リモ-トでの会議や、WEB講習と知恵を絞って頂き、試行錯誤しながら集まらなくても皆さんの努力でやって来れた。今年、フェスティバルに代わり『DHKフォトコンテスト』を開催したが、約100作品出展して頂き、成功裏に終わる事が出来た。これも偏に実行委員、会員の結束力が成功に導いてくれた事と感謝申し上げます。これからも会員サロンの繁栄を目標に、11人がdhkの力となり前進して行ってもらいたい。今日は、1年に1度の定期総会ですので、統括と言う意味で審議して頂けますよう、皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。」と挨拶を頂き、議事開始に入った。

令和2年度の事業報告が各局長及び担当部長より報告され、監査役の玉川、高松会員による会計監査報告を行った。

引き続き、令和3年度事業計画案が各局長及び担当部長より発表され、同様に予算案も発表された。

来年度の会計監査役に根本高志、蓮沼拓人両会員を選出し、全ての議案報告が終了。

最後に、荻野副会長の閉会の辞により「令和3年度dhk定期総会」は滞りなく閉会となった。

 

 

(通信 原田圭亮)

2021/06/06

令和3年6月3日 dhk富山支局「第5回サロン局講習」

令和3年6月3日(木)、dhk東京ヘアモードアカデミー富山支局(清水茂幸支局長)では、富山市の「有限会社 寝装の大郷」において「第5回サロン局講習」がリモートで行われた。

今回は富山市の有限会社寝装の大郷の代表取締役である、大郷卓也氏を講師とし、「心と体を健康にする眠り方」と言うテーマで講演と寝返り体操の講習を行っていただいた。

大郷卓也氏は、歴史ある(有)寝装の大郷の5代目であり、布団職人の国家資格を取得されており、消費者や行政や企業などへの眠りに関する講演を数多くされておられるそうだ。


冒頭では、日本人の5人に1人は不眠症であるそうで、その中でも富山県が不眠による損失が高いということであった。

心と体を健康にする眠りとは、15分以内に眠る事ができ、夜中に起きる事なく、目が覚めてからの体の痛みや不快感がないそうだ。

寝つきを良くして、夜中に起きないようにするには、平熱体温と睡眠中の体温変化が重要であり、食事や運動や入浴などの生活習慣で日中と睡眠前の体温差を作る事が大切であるそうだ。

入浴方法では、お湯の温度は38〜40℃のぬるいお湯にすることにより、副交感神経が刺激され、新陳代謝が活発になりリラックスができ、肩こりやストレスの解消するなどの効果があるということであった。

目が覚めてからの体の痛みや不快感がある方というのは、日中の姿勢と寝姿勢が関係するそうで、枕の高さや敷布の硬さにより、良い寝返りが出来ていない事が原因であるそうだ。

講演の最後に、寝る前に行う「目が覚めてからの体の痛みをなくす寝返り体操」を支局会員をモデルにデモンストレーションで講習を締めて頂いた。

最後に参加者より、質疑応答を行い第5回リモートサロン局講習は終了となった。


(通信 黒田充紀)