2021/09/16

令和3年9月15日 DHK理美容協同組合リモ-トゼミ 花島会長~TOKYO2020 オリンピックのボランティアカットで経験した体験話~

 

令和3915日、DHK理美容協同組合(花島組合長)では、9月のゼミとして、先日終了した「TOKYO2020オリンピック・パラリンピック」に於いて、日本を代表するボランティア理容師45名の1人として、dhk花島和久会長が選手村に入り、選手達や、関係者の方々のボランティアカットを行ってまいりました。

本日は、その貴重な体験のお話しを「TOKYO2020オリンピックのボランティアカットで経験した体験話~表舞台と裏方の苦労話~」と題して、お話しをして頂いた。

花島会長は「このボランティアカット募集の話は、コロナが流行る前からの計画であった。今年になり再度募集が行われ、私1人選手村に行ってもサロンの営業が成り立ち、影響が少ないと考え私だけ登録した」との事で、ボランティアカットに参加した。

選手村に入る前は、全連中央講師が中心となり打ち合わせを行い、ワクチン接種も2回完了し、ボランティアカットに臨んだ。

花島会長は、727日から82日までを担当し、宿泊先は自分で確保、朝1日分の食料を調達し、宿泊先から選手村まではタクシ-移動、人に接触しないよう行動した。

選手村での勤務時間は、朝9時から夜9時までの12時間で、朝も開店前から、選手や、関係者が並び、4名の技術者で1日フル回転、毎日約60名のお客様を施術した。

「毎日疲弊していた。それぐらい過酷な仕事であった。95%はバリカンを使った仕事で、外国人相手と言う事もあり、世界大会出場での経験とはまた違った緊張感や、達成感、そして価値観や、言葉のコミュニケ-ションでの意思疎通の難しさ等、様々な勉強と、色々な貴重な経験をさせて頂いた」とのお話しであった。

「この経験から、勇気と、自信を頂いたので、これからも色々チャレンジして行きたい。」と締めて頂き、質疑応答を行い9月のゼミは終了となった。

今回のゼミは、dhk講師、dhk全国支局、dhk東京本部講師が参加可能のゼミとなり、全国からリモ-トでアクセスして頂き最多人数のリモ-ト参加者となり、大盛況に盛り上がったゼミであった。




(通信 原田圭亮)

2021/09/11

令和3年9月10日 dhk夜間リモ-ト講師ゼミ 

                    

令和3910日、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(花島会長)では、9月の夜間リモ-ト講師ゼミとして、dhk根本高志常任講師をお迎えし、「根本高志のピンパーマ・テクニック〜ピンパーマで広がるスタイル〜」と言うテーマで講習して頂いた。

冒頭花島会長より「講師局には、このコロナ禍の中で毎月ゼミを行って頂き感謝致します。感染者は減りつつあるが、コロナウイルスも変異しており、それぞれに対応して頂き、皆様のサロンから感染者が出ないよう気をつけて頂きたい。」と挨拶を頂き、ゼミに入った。

本日講習して頂きます、根本高志講師より「ピンパ-マは、dhkの講師試験でこのピンパ-マについての論文を書いたのが切欠で、スタイルの可能性の高いバリエ-ションを持つパーマの1つ。実際に、パーマ科の講座でもこのピンパ-マを取り入れ、生徒さんに非常に好評であったのと、講師同志で勉強した際に営業で取り入れたいとの意見が多かったので、本日ゼミで実技させて頂く事となりました」と挨拶して頂き、実技に入って頂いた。


本日は、ツーブロックスタイルで、質感を入れた状態のウイッグをピンパ-マを巻き、実際に営業での巻き方や、注意点、気をつける事を説明して頂きながら実技して頂き、薬液時間でパワ-ポイントを使用し、ピンパ-マ理論を説明して頂いた。

薬液終了後、ロッドアウトをし、ドライヤ-で乾かすだけで今流行りのヘアスタイルスタイルが完成した。


根本講師より「巻き方と、ピンの留め方さえ注意すれば経験の浅い若手スタッフでもできますので、是非試して頂き営業に役立てて下さい。」と締めて頂き、拍手喝采で終了となった。

最後に質疑応答を行い、dhk全国支局長、支局員、全国東京本部講師の方達が参加して頂き、大いに盛り上がった9月の夜間リモ-ト講師ゼミであった。

 

(通信 原田圭亮)

2021/09/09

令和3年9月2日 dhk富山支局 リモ-トサロン局講習

 


令和392日(木)、dhk富山支局(清水茂幸支局長)では、9月のリモートサロン局講習として、株式会社サニープレイスの担当者をお迎えし、「アルカリカラーによる頭皮・髪の傷みをなおす 輝髪ザクロペインター」と言うテーマで商品紹介と実践例を紹介して頂いた。

輝髪ペインターとは、ノンジアミンかつ過酸化水素水不使用のザクロ種子エキス配合の新世代白髪染めである。


アミノイオン水ベースでつくられたAB液に含まれるザクロ種子エキス配合の塩基性アミノイオン水染料が髪の内部へ浸透し、毛髪内の塩基性アミノ酸と結びつき染着する。

さらにダメージによってできた空洞を埋めるので髪がふっくらし、ハリコシ・弾力と艶を蘇らせるそうだ。

AB剤に含まれるザクロ種子エキスには、ホルモンバランスを整え、頭皮環境の改善とアレルギーの抑制効果などについて詳しく説明して頂いた。

洗髪後に塗布するC剤は、人工皮膚原料を主とした、皮膚形成剤として効果のあるキトフィルムという成分により、毛髪の表面をバリアし、アミノ酸と染料の流出を防ぎ、色持ちと輝きの長期持続と毛髪の強度を向上させるそうだ。

実践例では、施術動画をふまえ、テクニックや薬剤選定など詳しく解説して頂いた。

最後に参加者より、質疑応答を行いリモートサロン局講習は終了となった。

 

通信 黒田充紀)

2021/08/14

令和3年8月13日 dhk夜間リモ-ト講師ゼミ 佐々木貴保 常任講師によるアイロンテクニック

 

令和3813日、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(花島会長)では、8月の夜間リモ-トゼミとして、dhk佐々木貴保常任講師をお迎えし「アイロンパーマのここだけの話教えます」と言うテーマで技術講習して頂いた。

冒頭花島会長より「世間は『お盆』の最中ですが、皆様も仕事に家庭にと大変お忙しい時期ではありますが、今夜の講習で明日からの営業に役立てて下さい」と挨拶を頂き、講習がスタ-トした。

近年、アイロンパーマ技術が消費者に注目されている。

新宿で、長期に渡り驚異の売り上げを誇っている「Men's hair sasaki」の佐々木貴保常任講師にアイロン技術をご紹介してもらう機会を頂いた。

佐々木講師から「今『ぬれパン』とか『短パン』とかと言うアイロン技術用語を聞く機会が多いかと思います。正直、お金になる仕事です。現在も代表の立場としてスタッフと共に現場に立ち、アイロンの仕事や、フェード等、私のサロンワ-クを披露させて頂きます。時間をかけない仕事を見て頂けたら有難いです」と挨拶を頂き、早速技術に入って頂いた。

本日は、「イージ-パーマ」「バズニグロ」「ぬれパン」の3スタイルを行って頂く。

「イージ-パーマ」は、立ちやすい髪の毛に薬剤のみを使用し、髪の毛を寝かす処理のみを行うが、この何でもない技術にフェードを組み合わせる事により、若者に流行っているヘアスタイルに変身。


「バズニグロ」とは、2.8mmや、1.8mm等のアイロンを使用し、傷みにくいかけ方、且つガッツリかけるテクニックを披露して頂いた。


「ぬれパン」は、いわゆる「土管」をしっかり作ってインスタ映えと言うより、巻き方の注意点や、仕上げの極意を教えて頂いた。


この3スタイルを1時間以内で講習して頂いたのだが、「営業では1時間半で3人終わります」との事であった。

佐々木講師の、アイロン技術の速さ、正確さが際立ったのだが、「今インスタとかで『映え』を意識しがちだが、私は仕上がりで勝負している」と講習を締めて頂き、質疑応答を営業に基づいた情報交換を行い、まだまだ時間が足りないぐらいに感じたリモ-トゼミは終了となった。

今回も、dhk全国支局(新潟、富山、名古屋、沖縄)から、各支局長をはじめ、支局員も参加して頂き、非常に勉強になったリモ-トゼミとなった。

 

(通信 原田圭亮)

2021/07/23

令和3年7月21日 DHK理美容協同組合リモ-トゼミ

 

令和3年7月21日(水)、DHK理美容協同組合(花島組合長)では、7月の協同組合リモ-トゼミとして、「社会保険労務士事務所リーフレイバーコンサルティング」の 社会保険労務士 川崎潤一による「最新!2021年度導入しやすい助成金」ついて講演をして頂いた。


冒頭花島組合長より


「明日から4連休があり、オリンピック開会式も控えている。相変わらずコロナ感染者が増加傾向ではあるが、dhkも様々な取組みを行っており、特にこの協同組合では、各サロンの売上が上がる事が役目である。今夜の助成金の話は、各サロンに置き換えてみると手続きできる事もあるので、是非行動して頂き、今年ももう後半に入ってるので、これから暮に向けて頑張って頂きたい」と挨拶して頂き、講演に入った。

助成金とは、国が行っているもので、国からもらえる助成金の事を言い、「助成金」と「補助金」がある。

「助成金」は厚生労働省の管轄で、条件に合致すれば原則100%受給でき、「補助金」の方は経済産業省の管轄で、条件に合致しても受給できない可能性があると言う違いがあり、メリット、デメリットそれぞれあるので各店舗の条件にあった助成金を申請した方が良いと言うアドバイスを頂いた。


また、都道府県独自の助成金もあるので、活用を考えている方は都道府県の担当者に聞いてみるのもお勧めだそうだ。

最後に質疑応答を行い、川崎氏より「今までと違うお店になった時、また従業員を雇う時、使える助成金があるか気軽に連絡して頂きたいと思います」と締めて頂き、7月の協同組合リモ-トゼミは終了となった。

 

(通信 原田圭亮)