2022/09/22

令和4年9月21日 DHK理美容協同組合ゼミ

令和4921日(水)、DHK理美容協同組合(花島組合長)では、9月の協同組合ゼミとして、「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」総支配人の井田隆久様を講師としてお迎えし、「極上の接客とスタッフ育成」と言うテーマでリモ-トにて講演をお願いした。

冒頭花島理事長より挨拶を頂き

「コロナも少し落ち着き、気候も大変不安定な中、大変お忙しい夜に大勢の皆様に集まって頂き有難うございます。皆さんと繋がって勉強する事で、今夜の講演から、各サロンに落し込んで頂き、明日からの営業に役立てて下さい。」と挨拶を頂いた。

井田様から、ご挨拶の後ご自身のこれまでの足跡をお話しして頂き、シェフの経歴をマネージメントに生かし、現在は「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド熱海」の総支配人となった。


コンセプトは、自然に囲まれた隠れ家のようなウェルネスリゾートで、シェフ選りすぐりの近隣の食材で仕立てたファームトゥテーブルの料理と、パーソナルなおもてなしでお客様をお迎えする、セレブ御用達のホテルである。

俗に言う「ラグジュアリ-」とは、人が決める事で、このコロナ禍の中でも、安心・安全・清潔・衛生をお客様に見えるよう徹底して行っているので、業績を落とす事無く、安心安全が価格に反映し業績はプラスになっている。

当ホテルに来館されるお客様は、時間に対する価値観は年々上がって来ているので、お泊り頂く時間をどう楽しんで頂けるか、客単価に繋がって来るので、今変わって行かないと、今後も変わって来ない。

あくまでも主役は「お客様」、一歩先のサービスが次に繋がってくるので、ここで宿泊してリセットできれば「値段」ではなく「価値」に変わって来る。

こないだ某タレントさんがTV番組の5分の中でホテルを紹介して下さったお蔭で、100件以上の予約が入ったが、100%安心してリラックスできる安心・安全なラグジュアリ-なホテルを、他と差別化を行いながら人材育成を10人十色その人の特徴を生かし、今後もお客様にご贔屓頂けるよう邁進して行くとの講演であった。

最後に質疑応答を行い、なかなか聞けない貴重なお話しを聞く事ができ、非常に勉強になった講演であった。

 

(通信 原田圭亮)

2022/09/10

令和4年9月9日 dhk夜間講師ゼミ ~全国大会壮行会~

令和499日(金)、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(花島会長)では、9月の夜間講師ゼミとして「全国理容競技大会出場選手壮行会」を代々木の理容会館9Fにて開催した。

この壮行会は、dhk競技局が担当となっており、競技局小松崎部長の司会で壮行会は進行した。

今年の全国大会は、1017日に秋田県の「秋田県立武道館」にて開催される予定で、

東京都代表、dhk競技部所属の細井恭兵選手(能登谷店スタッフ)、

千葉県代表の島田将斗選手(花島店スタッフ)



の2名の選手が「第2部門レディスカット・トレンディアクティブスタイル部門」に出場する。

会場で、細井選手、島田選手がそれぞれ本番と同じく、カット、スタイリングの35分間で競技開始となった。


競技時間が終了し、dhk花島会長より、細井選手、島田選手の2名の選手達にdhkから謝礼が手渡され、2人の選手よりそれぞれお礼の言葉と、目標を発表、会場から拍手喝采と、エ-ルで送られた。



最後に花島会長より「全国大会も3年ぶりに開催されると言う事で、選手達も待ちに待った10月の全国大会になるのかと思っております。今日、2人の選手の作品を見させて頂き、まだ私達dhkのチャンピオン達の眼は『もっと良い作品が作れたんじゃないか』そう感じたに違いないと思う。まだ1ヵ月あるので、もっと作品の細かい所を詰め、最高の作品に仕上げ、最高のステ-ジで一番上に立てるよう、悔いが残らないよう準備し、本番に臨んで欲しい。全国大会頑張って下さい!」と、花島会長の選手達の事を想う熱い言葉でエ-ルを送った。


最後に、
2人の選手達の作品を花島会長をはじめ、各トレ-ナ-より作品アドバイスを頂き、壮行会は終了した。





                                (通信 原田圭亮)

2022/09/02

令和4年9月1日 dhk富山支局

 

91日(木)dhk富山支局(竹部将光支局長)では高岡市の「ループ」にて名古屋本社からホーユー専属技術者を、お呼びしてプロステップ ルミシャスを使い根元の白髪から毛先までファッションカラー同様に色と明るさを楽しめる仕上がりをテーマにホーユー独自のネーミング、ファグレイションを学んできました。


ファグレイションとはファッションカラーとグレイカラーを合わせた造語で明るい白髪染めのテクニック名称をイメージ。

はっきりしっかり染めるのではなく淡くほんのりといった感じで新しい発見の連続。

皆一同、感動した様子でした。

長時間に渡り皆様、お疲れ様でした。

 

(通信  蛯谷智明)

2022/08/13

令和4年8月12日 dhk夜間講師ゼミ&DHK理美容協同組合ゼミ ジョイントゼミ

 令和4812日(金)、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(花島和久会長)では、8月の夜間講師ゼミ&DHK協同組合とのジョイントゼミとして、HAIR WORLD 金メダリストであり、全理連中央講師であります山崎桂先生をお迎えし、今回は、新型コロナ感染拡大の為、リモ-トゼミに変更させて頂きジョイントゼミ開催となった。

冒頭、花島会長より挨拶を頂き

「お盆の時期を迎えるに当たり、コロナ感染者も増えつつある昨今、お店を閉めるとか無いよう、感染には十分気をつけて頂きたい。本日は、協同組合とのジョイントゼミですので、サロンスタッフの皆さんも技術を学んで頂ける良いチャンスかと思います。」と挨拶を頂き、ゼミが開始となった。

司会者より、山崎先生の輝かしいプロフィ-ルを紹介して頂き、本日はモデルさんで「カット&アイロンパ-マで創るジャパニ-ズバーバ-スタイル」の講習をして頂いた。

山崎先生から「私なりに思う、この素晴らしい日本の理容業の技術を継承して行きたいと言う想いから、本日講習させて頂きます。」と挨拶を頂き、講習に入って頂いた。

技術に入る前に、パワ-ポイントで似合わせ理論を説明して頂き、「大事な事は、アゴやエラの形を理解し、頭角部でカットする事と、骨格に合わせてカットする事でバランス良くカットできる。」と説明して頂いた。

また、サロンでフェードを行う際、「いきなり高めに設定すると不安がるお客様もおりますので、先ずは低めに設定して施術してあげると安心して喜んで頂ける」との事。

カットが終了し、薬液時間となり、その間にここまでの技術の質疑応答、そして山崎先生が普段使っている鋏や櫛を見せて頂きながら、薬液時間を過ごした。



今回、アイロンパーマは、両熱アイロンを使用し施術、非常に簡単にアイアニングを行いスタイルを創って頂いたが、アイロンパーマじゃなければ創れない、簡単で、非常にナチュラルなヘアスタイルに仕上がった。




最後に、締めの質疑応答を行い、山崎先生の世界大会の経験から「日本が世界に誇る繊細なカット技術」であると言う日本の刈り上げ技術の素晴らしさ、そして「流行りの部分と大事な部分を勉強して行き、そして、それを継承して行く事の大切さを本日の講習でお伝えさせて頂きました。」と締めて頂き、拍手喝采で山崎先生称え、リモ-トジョイントゼミは終了となった。

 

(通信 原田圭亮)

2022/07/21

令和4年7月20日 DHK理美容協同組合ゼミ ~管家先生をお迎えし「ヒト幹細胞活用技術講習」~

 

令和4720日(水)、DHK理美容協同組合(花島組合長)では、7月の協同組合ゼミとして、全理連中央講師 菅家絵利子先生をお迎えし「ヒト幹細胞活用技術講習」を代々木の理容会館B1にて開催した。

冒頭花島組合長より挨拶が行われ

「またコロナ感染が増えている状況ではありますが、本日この講習が開催出来ました事は皆様の熱心な気持ちが通じたからかと思います。本日は短い時間ですが、この講習で勉強して頂き、営業に役立てて下さい。」と挨拶を頂いた。

管家先生から「理容組合店の価値を上げ、各サロンの客単価アップにお手伝いできますよう、本日dhkさんで、『関東初』となる講習内容をやらせて頂きます。」と挨拶を頂き、講習に入って頂いた。


管家先生は、全理連中央講師会でエステティック部会ヒト幹検証チ-ムの一員で、本日は再生医療ドクターが開発された「ヒト幹細胞培養上清液 」(正式名称 : Regenaヒト脂肪由来幹細胞順化培養液)について、全理連エステティック部会ヒト幹細胞培養上清液検証チームで検証してきたものを講習して頂いた。


そもそも「ヒト幹細胞」とは、ヒトの皮下脂肪から採取した脂肪由来の幹細胞が、医療や美容において頻繁に使われており、安全性も高く、特に再生研究の中で生み出される管細胞培養上清液は、美容に効果のある成長因子が多数含まれており、近年業界の中で注目される美容原液である。

その説明を座学で学んだ後、実際にサロンに落とし込んだ施術を行って頂いた。

サロンでは、お顔とヘアのケア、特にメンズエステがお得意だそうで、カウンセリングでは、お客様のお悩みを聞く事から始まり、承諾書とカウンセリングシ-トは必ず作成してから施術に入った方が良いとのアドバイスであった。


最後に質疑応答を行ったが、本来は4時間の講習内容を90分と言う非常に短い時間で講習を行って頂いたが、もっと先生の施術を見せてもらいたいと思った講習であった。

出席頂いた女性理容師の方達に、管家先生がプロデュ-スする商材をプレゼントして頂き、非常に勉強になった協同組合ゼミは拍手喝采の中終了となった。

 

(通信 原田圭亮)


2022/07/09

令和4年7月8日 dhk夜間講師ゼミ ~ルベルからの新商品「HITA /ヒタ」の商材紹介~

 

令和478日(金)、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(花島和久会長)では、7月の夜間講師ゼミとして、ルベルからの新商品「HITA /ヒタ」の商材紹介を、ルベル/タカラベルモント(株)東京第一営業所の湯川誠也様をお迎えし、開催した。

冒頭、花島会長より挨拶を頂き

「また、コロナの感染者が増えつつあるが、私達もコロナの影響を受けできない事や、行事等が多かったが、今夜はWEBでの開催となるが、こうやってリアルに集まってゼミが開催できる事や、環境が非常に有難いと思う。これからも、皆で前進して進んで行き、あらゆる難局を乗り越えて行きましょう。」と挨拶を頂き、ゼミが開始となった。

今回は、メーカ-講習と言う事もあり、視聴しやすい事からあえてWEBにてのゼミとなった。

「『HITA(ヒタ)』は、好きな髪と生きる喜びをヘアデザイナーの手によって届けるクセ毛対策メソッドとして、20222月に発売された商品。サロンで使用している以外のストレートパーマや、新しいヘアケアに興味がある方は是非必見です。」との湯川様からの挨拶から商品説明をして頂いた。



髪質改善メニュ-のニーズは上昇の一途を辿っており、くせ毛に悩む方はファンになりやすい傾向との事。

サロン側にとっても、実は一番難しいメニュ-であるが、この商品はアシスタントでも安心、ダメ-ジレス、髪質に合わせて調整できる等の特徴で、簡単にできる商品であるそう。

また、ホームケア用のシャンプ-類は、ファッション雑誌で取り上げられたり、インスタグラマ-の方達が忖度無しに推薦してくれているクォリティ-の高い商品のようである。


最後に質疑応答を行い、湯川様より「最新のストレ-ト剤で、酸性ストレ-トのように難しい商材ではないので、検討して頂く価値のある商品だと思っております」と締めて頂き、7月の夜間講師ゼミは終了となった。

 

 (通信 原田圭亮)