2017/12/09

平成29年12月8日 dhk夜間講師ゼミ「目から鱗の究極オイルケア」


平成29年12月8日(金)、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(能登谷会長)では、今年最後の夜間講師ゼミとして、銀座シロ-ゼネラルマネージャーであります古川博一先生をお呼びし、dhk畠山綾講師がサブデモストを担当し、今SNS等で話題の髪と頭皮、そしてお肌を守る「目から鱗の究極オイルケア」と題して講習を行った。

 
古川先生から挨拶をして頂き、「1発で決めようとしない。頭皮ケアを行い、髪の毛のコンディションを整えてからヘアデザインに繋げて行く。今ある髪の毛のコンディションを、自然にリセットして行く事を目的に、他のお店がやっていない事を探して、このオイルケアの重要さに辿り着いた。」と挨拶して頂き、早速男女のモデルさんで実技のデモストに入った。

女性モデルは、頭皮と髪質の改善、男性モデルは頭皮と髪質の改善と、お顔剃りを行った。

女性モデルでは、営業ではまず最初に悩みを聞き、頭皮の状態をマイクロスコ-プで見て頂く。

 
そして、手にオイルを塗布し、マッサ-ジしながら手を洗う事を行うと言う流れからオイルケアの重要さを説明し、頭皮をオイルクレンジングしながら、頭皮と、髪の毛のコンディションを整え、ヘアケアからヘアデザインに繋げて行く。


男性モデルでは、女性モデルさん同様に悩みを聞き、頭皮の状態をマイクロスコ-プで見て頂き、手をオイルで洗う。そして、頭皮をオイルクレンジングし、ラップを頭に巻いて、お顔剃りに入って頂いた。

ここからは畠山講師が説明しながら施術が進み、このオイルは脂を取り過ぎず、皮膚を柔らかくする効果があるそうで、通常のラザ-リングの要領でオイルを塗布し、スチ-ムタオルで蒸す。

オイルを塗布し、ワンシェ-ブ、水で乳化しながらツ-シェ-ブと、普通のシェ-ビングのようだが、それだけ顔の皮膚を柔らかくし、肌に負担の無い、且つ脂を取り過ぎない素晴らしいオイル。


女性モデルさんの感想は「頭皮が痒くなりやすいのですが、痒くない。髪の毛がしっとりした」と感想を頂き、私達出席者が見た目でも髪の毛の髪質が改善された事を感じる事ができ、男性モデルさんの感想は「ヒゲが溶けるような感じで、全然剃られている感じがしなかった」と、両者共満足の行く感想であった。



外は雨が降り、寒い中会場には入りきれない程の参加者が集まり、熱気に包まれた夜間講師ゼミとなった。



(通信 原田圭亮)

2017/11/30

平成29年11月27日 dhk新潟支局「平成29年度第7回クリエ-タ-コ-ス」講習会


11月27日(月)、平成29年度第7回dhk新潟支局(小林 裕支局長)クリエーターコースの講習が開催された。

東京本部、玉川紀信常任講師によりメンズのモデルを使いサロンヘアーを普段通りの実践さながらにデモストして頂いた。


十代からミドルまで人気のあるマッシュスタイルをパーマ&カラー同時施術で短時間に仕上げるというコンセプトで、同時でもなるべく髪を傷めないという方法で行って頂いた。

カラーで痛みを軽減させるのは難しいという事で、パーマ液でバサバサにさせずにプルプル感を残すようにと、玉川講師が用意して頂いたナンバースリーのパーマ液を使った『0分パーマ』での施術でした。

5月に勉強した『水洗&薄ブロム酸理論』。それをメーカーが一歩進めて開発したパーマシステムと言う印象でした。

まず、カット後8トーンのナチュラル系でカラーリング、その後ワインディングに入り『0分パーマ』を施術して、時間経過でかかり具合や質感などを皆で確かめ検証できました。


ボディパーマでしたが、明らかに手触りはプルツヤ感は保てていました。


今までクリープなどにこだわってパーマ理論を考えていた我々も切り替えて行く必要があると感じたと同時に、『0分パーマ』を勉強したことにで、よりお客様にパーマを提案しやすくなったと感じた、とても収穫のある講習であった。


(通信  佐藤史朗)

2017/11/22

平成29年11月16日 dhk富山支局「第13回サロン局講習」

 
11月16日(木)dhk富山支局(清水茂幸局長)では、高岡市の「ヘアーサロンふらっと」において「第13回サロン局講習」が行われた。


今回は射水市の生花店「カントリーパパ」の高橋健一先生に指導していただきクリスマスリースの作成を行った。

 
 
 材料は同じでも1人1人違う個性的なリースに仕上がった。講習の最後に清水支局長より「みなさん早速明日から飾って各自のお店を明るく彩りましょう」と挨拶を頂き「第13回サロン局講習」は終了した。


(通信 手丸勝人)

2017/11/16

平成29年11月15日 DHK協同組合ゼミ「店販勉強会」


平成29年11月15日(水)、DHK協同組合(能登谷組合長)では、11月の協同組合ゼミとして、美容室向けの頭髪化粧品及び医薬部外品の製造・販売を一貫して行っております、コタ株式会社の社員の方をお迎えし「店販勉強会」と題して講演して頂いた。


コタ株式会社の前身は、小田製薬と言う薬品会社だったそうで、40数年前に理美容が衰退して行く事を知り、店販の必要性を訴え、生産性を上げて行かなくてはならないと考え、技術と、施術での流れの中で、店販製品が売れて行くと言う、店販商品との向かい方を考えた。

毎年、全国店販コンク-ルを開催しており、店舗対抗、会社対抗、また1人当たりの売上げを、各サロン、各会社が競い合い、物凄い金額を販売し、今年で店販コンク-ルは31回目を迎える。

このような売上げをあげるには、「考え方」「やり方」「アイテム」「販売姿勢」が大事で、「お客様第一の商品」である事、そして「商品の信頼度」「ネットに出回らない完全なサロン販売商品である事」このサロンと、メ-カ-の取り組みによってお客様に信頼して頂ける商品となり、買って使って頂いている。


お客様に髪の毛や、頭皮の悩みを聞き、カウンセリングし、何の為に製品を売るのか、お店の取り組みをスタッフとで話し合い、本気で店販に向かい合う事が大切とお話しして頂いた。


会場には、各サロンのオ-ナ-や、スタッフが多数参加して頂き満員御礼状態となり、店販の意識と、重要性を再度確認できた、非常に勉強になった講演であった。


(通信 原田圭亮)

2017/11/15

平成29年11月13日 dhk富山支局「カラ-コントロ-ル」

 

dhk富山支局(清水茂幸局長)は、11月13日(月)、高岡市の「ヘアーサロンふらっと」において、dhk東京本部講師、志賀淳吾先生をお呼びし、「カラーコントロール」と題して講習を行った。


カラー毛は時間とともに退色し、新生毛との色の差が大きくなっていくことから、根元3センチは5レベルのダ―クブラウン、それより先は13レベルのブラウンのウイッグを用いて、根元3センチは8レベルのブラウンを2剤を6パーセントで塗布しそれより先は8レベルのブラウンを2剤を2~3パーセントで塗布し、全体を均一にカラーのトーンダウンをすることをデモストしていただき、支局会員は各自のウイッグで実践した。

この基本的なカラーのリタッチをきれいにする事が色持ちが良いというイメージにつながりお客様の信頼を得る大切な事になると言う事だった。

その後各自、ウイッグを自由な色味のカラーでトーンダウンし実践した。


ウイッグでいろいろなカラーでトーンダウンしたものを作っておけば、感覚ではなく確実にレシピに従って実際のお客様のカラーのトーンダウンができると言う事だった。

細やかな技術を身につけ店を特化して行く事が重要と言う事だった。


講習の最後に清水支局長より「今日の講習を明日からの営業に活かして特化した店を目指していきましょう」と挨拶を頂き講習は終了した。


(通信 手丸勝人)