2018/11/10

平成30年11月9日 dhk夜間講師ゼミ「全国大会優勝作品再現」


 
平成30年11月9日、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(能登谷会長)では、代々木の理容会館にて、先日10月8日、熊本県にて開催された「第70回全国理容競技大会」に於いて、dhkより、第二部門「レディ-スカット・パ-マスタイル Marge」モデル部門で優勝した、岡山県代表の竹元大明チャンピオン(東京本部講師)、そして同部門のウイッグ部門で優勝した、千葉県代表の島田将斗チャンピオン(花島店スタッフ)の2名のチャンピオンをお迎えし、「優勝作品再現」を行って頂いた。

最初に、島田チャンピオンから、ウイッグによる作品再現に入って頂いた。


司会者から島田チャンピオンの経歴紹介の後、師匠の花島和久氏より、「今年はウイッグ部門で日本一を取らせてもらったので、来年はメンズモデル部門で日本一を目指して行きます」とお話しを頂き、島田チャンピオンの紹介が行われ、作品が完成した。
 

引き続き、竹元チャンピオンがモデルさんで作品再現に入って頂いた。



司会者から、竹元チャンピオンの経歴紹介の後、師匠の町田典一氏より、「竹元君は、毎週岡山から東京へ練習に通った。理容競技と、営業を別に考える人がいるが、全く一緒で全てがつながっております」とお話しを頂き、竹元チャンピオンの紹介が行われた。



作品が完成し、能登谷会長より「今回のモデルさんは、競技前に見た感じで日本一の本当に素晴らしいモデルさんだと思った。こういうシンプルな競技だからこそ、簡単に思えて実は難しいスタイルです。チャンピオンは、通過点なので全国チャンピオンに相応しい言動や、行動、生き方をして欲しい。それだけ注目される人になったんだと、肝に銘じて生活して欲しい」と挨拶して頂いた。


その後、サプライズゲストとして齋藤孝名誉会長が会場に来場して頂き、花束贈呈と、一言お言葉を頂戴した。





最後に、島田チャンピオン、竹元チャンピオンよりそれぞれ挨拶を頂き、拍手喝采にて2人の新たなチャンピオンを歓迎し、11月の夜間講師ゼミは終了となった。





 
(通信 原田圭亮)

2018/11/05

平成30年11月5日 平成30年度dhk講師昇格試験


平成30年11月5日(月)、dhk東京ヘアモ-ドアカデミ-(能登谷会長)では、東京・青山にあるガモウ本社スタジオにて「平成30年度dhk東京ヘアモードアカデミー講師昇格試験」が開催された。

 
司会者開会挨拶の後、能登谷会長より冒頭の挨拶で「講師、本部講師、常任講師を受験する皆さん、1年間の成果を発揮し、グレ-ドアップした技術や、発表ができるよう、今日は全力投球で頑張って下さい」と挨拶があり昇格試験は定刻通りに開始となった。


「講師受験者」は、筆記試験、予めパーマとカラーを施してある人間モデルで、カット・セット40分で仕上げ。ウイッグで、クラシカルバックもしくは、グラデーションボブのカット&セット50分で仕上げ。そして、論文に基づくスピーチ5分以内。

 

「本部講師受験者」は、筆記試験と、人間モデルで「お勧めできるサロンスタイル」をパーマもしくは、ヘアカラー等の薬液を使い、100分以内で仕上げ。そして、論文に基づくスピーチ10分。


「常任講師受験者」は、筆記試験と、人間モデルにて、「サロンで売上アップ出来るスタイル」か、「講習で提案できる技術」をカット&パーマもしくはヘアカラ-等の薬液を使い、100分以内で仕上げ。そして論文に基づくスピーチ及び実技20分。

 

のそれぞれの内容で昇格試験が進められた。


受験者は、昇格試験の緊迫した厳粛な雰囲気の中、緊張しながらも精一杯自分の力を発揮し、日頃の成果を発揮すべく全力投球で試験を受験した。


なお、昇格試験の合格発表は12月17日のdhk納会にて発表される。

講師受験者2名 本部講師受験者1名 常任講師受験者4名


(通信 原田圭亮)

2018/11/02

平成30年11月1日 dhk富山支局「第13回サロン局講習」


11月1日(木)dhk富山支局(清水茂幸局長)では、高岡市の「ヘアーサロンふらっと」において「第13回サロン局講習」が行われた。


今回は心理士の小森祐子氏をお呼びし、「愛される理容師になるには」と題して講演が開始となった。


人が相手を判断するのは、外見が5割以上を占め、出会って5秒間で外向性、内向性、良識性、知性が判断でき、そこから1分間でその判断はさらに正確になると言う事であった。


更に、その判断は外向性、内向性、知性は親しくなってからも変わらず、良識性は変化すると言う事で、最初が肝心で、笑顔と清潔感が重要であるとアドバイスして頂いた。

講習の最後に清水支局長より「身なりを整え、笑顔でお客様をお迎えし、お迎えしてからの最初の印象をよくするように心がけていきましょう」と挨拶を頂き、講習は終了した。


(通信 手丸勝人)

2018/10/31

平成30年10月22日 dhk新潟支局「第6回プロフェッショナル講座」


dhk東京ヘアモードアカデミー新潟支局(鷲尾支局長)では、10月22日(月)、新潟市東区にある東区プラザ講座室にて、平成30年度第6回dhk新潟支局プロフェッショナル講座を開催した。

今回は、『オーガニック・ヘナ』をテーマに、大阪より来県された大塚航平氏(株式会社HAHONIKO営業部)によるレクチャーを行った。        

初めに、昨年に販売されたばかりのノンジアミン、ノンアルカリ、100%オーガニックのヘナカラー商品ということで、従来のヘナとどのような相違点があるのか、製品の特長などを解説。
                    
その後、モデル2名を使って実際の手順にそって作業のコツなどを披露し、仕上がりの質感などを確認しました。                  

2020年には女性の約半数が50歳以上になると言われており、これからも高齢化社会は進んでいきます。それに伴いヘナの需要も益々増えていくと予想されています。                              

そんな中、この製品の売りである「100%オーガニック」というワードが女性、とかくこの50歳以上の方々は敏感になっていると思われます。    

そこで、「ノンジアミン、ノンアルカリ、安心安全でハリ、コシ、ツヤも甦るトリートメント効果も絶大!」となれば大ヒット間違いなしのメニューになる可能性もあります。

今現在、ヘナのメニューが存在する店舗は大丈夫と思われますが、これからメニュー化しようとするサロンでは問題を克服しつつもコストや時間などの制約はあります。 

どのように取り入れ、どのようなセールスをするか各サロンで考えなければいけない課題について、集まった参加者と熱心に情報交換を行いました。


(通信 佐藤史郎)

2018/10/20

平成30年10月18日 dhk富山支局「第12回サロン局会議」


10月18日(木)dhk富山支局(清水茂幸局長)では、高岡市の「ヘアーサロンふらっと」において「第12回サロン局講習」が行われた。

今回は㈱トライアングルの東野氏をお呼びし、エモーションブリーチの商品説明を行っていただき支局会員をモデルに実際にブリーチして体感した。

エモーションブリーチは低刺激で肌が沁みなく、低アルカリで髪の傷みが少なく、剤のオキシを6倍~20倍で使用し、60分の緩やかな長時間作用が可能であるということであった。

今回は2剤のオキシを6倍で使用し、自然放置60分で試してみた。

地肌についても沁みなく、臭いも気にならず、髪の傷みも少なく、やわらかな手触りでしっかりとブリーチすることができた。

befor                                                  after
 
befor                                                     after

 講習の最後に清水支局長より「髪の傷みが少なく痛くないブリーチとして、ブリーチの髪の傷みや肌の傷みが気になっていたお客様にもお勧めできるメニューとして導入してみてはいかがでしょうか」と挨拶を頂き講習は終了した。


(通信 手丸勝人)